◆社是

仕事を通して社会に貢献し、仕事を通して社員の成長をはかる。

 ◆行動指針

1.大欲をもって小欲を制す。

  同じ苦難でも私利私欲であれば”不満”になり、世の為人の為であれば”勉強”になる。
     その上に心の健康と前向きな明るさが維持される。

1.全ての事業は環境適応業である。

  常に身を取り巻く環境は変化している。
  常に多方面の人と交流し、求められている事を読んで適応してゆくのが事業である。

1.人がしたがらないことをするのが仕事である。

  やりたいことだけやるのは仕事ではない。
  皆がやりたがらないことをするからこそ報酬を頂戴できる。

1.”当たり前”のことを”有難い”と思う。

   朝おきて当たり前、食事できて当たり前、衣服を着られて当たり前、  しかし、ある日できなくなった時に”有り難み”がわかる。  できなくなってからでは遅い。

 1.していただいた恩を忘れない。

  恩を与えて報酬を得ることよりも、していただいた小さな恩に気づき、 決して忘れない技術の方が難しい。
  すべてに”恩”を感じれば、すべてが”無償の奉仕”に変わる。